福島県厚生農業協同組合連合会 鹿島厚生病院

鎌田 絵理子 平成25年4月(6年目)

入社したきっかけ

人の為になる仕事がしたいと思い、看護師を目指しました。白河厚生総合病院付属高等看護学院へ入学し、卒業後地元の南相馬へ戻って働きたいと思い入職しました。

入社してよかったこと学んだこと

・指導をいただく際に根拠を丁寧に教わることができ成長することができました。
・患者様が笑顔で受診される様子にやりがいを感じ、また元気を頂いています。

社内の雰囲気

年齢・性別・職種に関係なくコミュニケーションが取れやすく円滑な職場環境が構築出来ています。

南相馬で働くことの魅力とは

南相馬は原発事故や風評被害の影響が未だにありますが、大変な時期をみんなで乗り越えたことで“団結力”の強さがあります。“若い人が少ない”  “遊ぶ場所が少ない”  等のマイナスな印象もありますが地域を復興させようと望むことで強い絆が出来ています。

先輩社員の一日

08:30 出勤 -
08:30~09:00 診察準備 カルテの確認、バイタルサイン測定、採血等
09:00~12:30 診察介助 医師の診察の介助、検査介助
12:30~13:30 休憩 -
13:30~17:00 診察介助 医師の診察の介助、検査介助
17:00 退勤 -